見積り比較

見積りを比較するのにただ単に複数貰ってもダメ。業者を探す際の考え方

特に一般の奥さん達にお伝えしたいことです。業者を選ぶ際の考え方を私の今までの経験と独断と偏見で自分勝手な解釈でお伝えします。リフォーム、新築、設備工事などに限らず引っ越し屋さんでも同じようなことが言えます。

 

 

見積もりを取ってほとんどの方が金額だけを見て決めるのではないでしょうか。安いところと高いところでは倍以上の差があったりして金額のばらつきも大きいです。そうすると倍以上の値段を出してくる業者は「ボッタクリ」とか「悪徳業者」などと感じてしまうこともしばしばあるのではないでしょうか。

 

見積もりはただ単に複数とってもダメです。たとえ1、2万程度のちょっとした工事でも業者の選定する際の考え方は同じです。もちろん金額の比較(あいみつ)はした方がわかりやすいですし、発注の際の大きな判断材料にもなりますので行ってもいいのですが、ただ漠然と気になったところから貰ってもダメです。

 

大事なのは見積もりをとる業者のレベルを合わせないといけないのです。このレベルとは腕が良いとかの話ではありません。業者が今までその仕事をする際、どの客層(発注元)と取引していたかをみます。ざっくり超簡単に言うと、大きな企業(ゼネコンやそれなりの規模の会社)の仕事をメインにやるところと、一般の民間(一般個人住宅や小さな店舗など)をメインにやるところです。

 

大きな企業から仕事を貰っている業者と、一般の私達が発注者となる業者では工事に対する考え方がまるで違います。ゼネコンと聞くと政治ニュースでいいイメージはない人が多いと思いますが、それはそれです。この違いとは、各種管理、書類、保証などがあげられます。

 

 

スピードが求められる今の時代、工事で大事なのは管理です。昔でしたら腕が一番との考えもありましたが、今では一般工事に関しては違います。はっきり言って特殊な工事以外で腕はそれほど大事ではありません。もちろんプロに頼むのですから一定の技術があることが前提の話です。高名な大工さんがいる組だったり宮大工さんが行う仕事では、自分が満足できるまでお行えますが一般の工事では無理です。

 

これは予算があまりにも違いすぎるのでしょうがないのです。予算があれば自己満足も十分発揮できますが、今の時代、非常に少ない予算で行わなければならないのでしょうがないのです。ここで予算内でできるだけお客さんの要望に応えられるように、どの程度の完成度にすればいいのか判断するのが管理者(現場監督、担当者)となります。

 

管理(監督、担当者)は工程や安全などいろいろなことを管理します。管理で必要なのはどれだけ気を配れるか、気を使えるかということです。どれだけ大きな工事でも、小さなことをどれくらい気を回せるか使えるかの積み重ねです。工事で作業をする人、技術者、職人さんがスムーズに進めれるようにレールを敷いておくのが管理者の役目でもあります。工事が始まる前に頭の中で作業工程を組み立て、それに付随し起こり得る危険、障害を察知し、起きた時に対策を取れるようにしておくのが管理者です。何か起きてから焦って、どうしようどうしようとなるスットコドッコイはいりません。

 

なぜこのように管理、管理といいますと、少ない金額でできる業者はほぼ管理者がきません。作業する人達だけで工事を行います。管理者が来ないとどのようなことが起こるのか、実例をあげていきます。私の住んでいた所または私に仕上がりや工程を確認して欲しいと言われた大家さん、ご近所さんでのことです。工事の打ち合わせ、発注、最終確認などは持ち家、借家、賃貸でも変わってきますが細かいことは省きます。

 

 

 

外壁工事にて感じたこと。隣の家との隙間が1m弱、塀などの仕切りは一面だけあり。前もって必ずご近所さんに挨拶、詳しい説明をしっかり行って欲しいことを業者さんには念を押して伝えてあります。

 

ご近所さんに少なからず迷惑が掛かる工事全般 ご近所さんに「○日○時〜工事云々の説明書が配られていない」、詳しい説明もない、ただ挨拶しただけ。申し訳御座いません、ご迷惑おかけ致しますではなく、工事しますんでよろしくって感じ
ご近所さんに少なからず迷惑が掛かる工事全般 説明したとしても下見に来た時に、下請けや実際に当日に来ないであろう人が挨拶程度で行って終わってしまう
外壁、足場工事 平日の当日、足場屋さんがトラックで家の前に来て数時間停めっぱなしになってしまった。通りは裏道のような細さなので自転車以外、通れなくなってしまった。足場を降ろしながら作業するので、車がきたらトラックをどけてもらうことはできなかった。車が来たらその都度、私達があやまってバックしてもらうかしてその場をなんとか終えた
ご近所さんに少なからず迷惑が掛かる工事全般 朝、駐車場からも出れなくなってしまう車があり私達はあやまりっぱなし。道路にすぐにどかせないもの(クレーン車、荷降ろしの車、機械、物など)を勝手に設置してしまう
ご近所さんに少なからず迷惑が掛かる工事全般 鉄パイプなど落とすと非常に音が鳴り響く物を乱雑に扱い、耳障りな音が何回も何時間も鳴り響いてしまう
ご近所さんに少なからず迷惑が掛かる工事全般 足場屋さんは下請けなので、当日に足場だけの作業に来るのが当たり前です。当日は限られた人数で来ます。多少のことは融通を効かせてくれますが、ご近所さんへの説明や通行エリヤの確保、誘導、道路使用許可は上の人が行うことです
外壁工事 足場の足が隣の敷地に入ってしまっている。通常は入れないがどうしても無理な場合は金銭なども含め交渉するのが当たり前だが、全くやっておらず勝手に組み上げてしまう。事後にて私達があやまる
外壁工事 足場の足を隣の低い塀の上に掛けてしまっている。普通やるとは思えないがやってしまっている。事後にて私達があやまる
工事全般 落下物が頭にあたったり、自身の転落による重大事故になるにもかかわらずヘルメットをしない
工事全般 鉄パイプや重量物を持ち上げている際、下に第三者の人を通してしまっている。第三者の重大事故につながるのでありえません。全国ニュースで流れた六本木で起きた悲しい事故はこの事例と同じです
解体工事 建物を壊した時に出る砂埃が隣の外壁、窓、網戸にへばり付いて砂っぽくなってしまった。高圧洗浄機でちゃちゃっと水吹きすれば済むことなのにすっとぼけてそのまま

 

たとえそこが賃貸でも事後になって何かあった時に、発注者と受注者だけであやまるのではなく、住居している私達もあやまらないといけなくなるのが非常に辛いのです。後になって近所でコソコソ言われるのは私達です。借家ならなおさらに、そこが借家だと思っていない知らないご近所さんも多いのです。あまり気にしない大家さんに任せっきりだとこのようなことが起こります。ご近所さんをまったく気にしない、関係ないと思うのでしたらいいのですが。

 

 

 

外壁の塗装工事、防水工事にて感じたこと。隣の家との隙間が1m弱、塀などの仕切りは一部あり。前もって必ずご近所さんに挨拶、詳しい説明をしっかり行って欲しいことを念を押して伝えてあります。

 

塗装工事 ペンキが隣の壁についてしまっている。見えづらい場所や下からではあまり見えない屋根や二階以上。付いてしまった家からは見づらいがやってしまった家から見えることも多い
塗装工事 ペンキを塗らないところの養生があまく、小さい範囲で汚く色がついてしまう。郵便ポスト、インターホン、室外機、湯沸かし器、植木、自転車、ベランダ、物干しなど。まして色がついても拭かない、消さない、取らない
塗装工事 ペンキを塗る場所が隣の物干し場と近いと、洗濯物ににおいがついてしまったり、稀にペンキがついてしまうのでその場所を塗装する時は、このようなことが起こることを前もって伝えるのだが、説明、相談、交渉をしない
防水工事 防水のためのコーキングのし忘れ。体が入りづらくやりづらい場所。やる場所は複数ではなく、やっていなかったのは一箇所。約1CM幅、一階から二階まで約縦に8Mやっていない。大家さんに確認して欲しいと言われ、足場に登ってのでわかったこと。一般の人では足場なんて登らないのでまずわからない
防水工事 換気扇周り、出窓周り、雨戸の収納周りなど出っ張った場所のコーキングを一切やっていない。外壁の防水だけ。私が見て「これどうするのですか?」というぐらい古くひび割れている状態。その上にペンキを塗ってしまっているのですぐにペリペリ剥がれてしまう。ペンキ屋さんも防水屋さんも大家さんも誰も分からない、知らない、言ってあげない、相談も何もない
工事全般 当日になっていきなり蛇口どこですかと言われた。工事では水を使うことが多いのですが、使うのが当たり前なのは作業側の考えです。一般の方がそのようなことは分かりません。蛇口が家の中にしかなく不在になる可能性があるので、ご近所さんにお金を払ってお水をもらう段取りをつけておくこともあります。当日になってお互いに「え?」ってなってしまわないように

 

 

 

家の中の設備工事で感じたこと。全国的に有名なところや広域、近県までカバーする業者は当然、近場の下請けの方が来ます。もちろんそのような方々は、規約や契約、保証に関しても直接聞いてもわかりません。一般の方はそこの会社の社員が来るものだと思っていると思いますが、そんなことはほとんどありません。そのため施工方法の違いも、その人任せなので大きく違ってくることがあります。このへんは有名な引越し屋さんとは違います。有名な引越し屋さんは金額が高いですがどの地域で頼んでもしっかりしています。

 

キッチン、台所工事 キッチンの水道の蛇口の取替工事。普通の手順では既設の蛇口が取れないため切断することになった。いきなりグラインダー(ベビーサンダー)を使い切断しはじめてしまった。火花が飛び散ろうがステンの切子やバリが辺り一面に飛び散ろうが一切の養生はしない。

そのため高熱の切子がシンク、流し台などに付着し食い付いてしまいます。切子やバリを掃除しても見た目はわかりづらいですが指で触ると引っかかるぐらいの傷になってしまった

キッチン、台所工事 キッチンの周りの床のフローリングに直接、道具や材料を置いてしまう。養生やシートなんてしません
キッチン、台所工事 ステンレスをグラインダーで切断した時に出た切子やバリをシンクに集めてそのまま流してしまう。排水の経路で詰まるかもしれないそれなりの量があるので通常はまず掃除機などでとるが。そもそも掃除道具なんて用意していません。掃除機は客先で借りるものだとの認識がある人も結構います
バスルーム、浴槽工事 お風呂の浴槽に穴を開けガス湯沸かし器との改造を行った際、ステンの浴槽の開口工事にてドリルにホールソーをつけ穴を開けるが周りに養生をしないで切ったため、高熱の切子やバリが浴槽の底面に食い込んでしまった。お風呂に入るとちょうど足裏がそこにふれると明らかに出っ張ってしまっている
ご近所さんに少なからず迷惑が掛かる工事全般 出入り口に材料を置きっぱなしにしてお昼に行ってしまい、出入りする人達はそれらをまたがなくてはいけない。これらをまたぎきれず、またはバランス崩して転倒してしまうことがある
水道、お風呂工事 ガス湯沸かし器からの給湯管が漏れたため全体的な水道工事。非常にびっくりしたのが東京の水道屋さんの横柄な態度でした。たぶん15社ぐらい電話で話しました。奥さんやおばあちゃんと思われる女性が出ることも多く、女性でもおうへいな喋り方をする人もいるのでびっくりします。実際に見積もりにきてもらったのが4社ぐらい。金額もびっくりするぐらいの差があり、大きいところでは3倍の差がありました。もちろんレベルは合わせています。

水道工事は東京都指定がほとんどで、独占で守られているのでこのような態度になるのかもしれません。水道専門の業者よりガス系で水道もやる業者さんの方が感じも良く、金額も良心的だと思います

LAN、電話配線工事 LAN工事で数倍の金額が違う業者は品質の保証が違います。品質を保証するには、試験器(ケーブルアナライザー)が必ず必要です。この試験器は100万以上するのでLAN工事を行う業者でも持っている人の方が圧倒的に少ないです。簡易的な試験器でもケーブルがちゃんと配線されているか物理的なチェックはできますが、LAN規格にそっているかの判断は本格的な試験器がないとできません。試験を掛けることが前提なら配線を無理に行うと試験がファールになってしまうので天井配線、既設の配管配線で一人で行うことはあまりありません。コネクターにおいても同様に取り付けには気を使わないといけません。

天井や既設配管を一人で行うとどうしても無理して引っ張ることが多々あります。そのような時でも無理な力がケーブルに掛かっても引っ張るしかありません。訪問先が一日一件だけでしたら時間を取れるのでまだわかりますが、複数件行かなくてはいけない業者もいます。複数件行くようになれば余計に品質を保つという考えから遠ざかり、一件に費やせる時間も限られているので早く終わらせないといけないという考えになります。
試験器自体にも更新期限がありますが、新しいものは数百万もするので今の時代に買い換える業者は少ないと思います。買い替えてもそれだけの受注金額がある工事自体が少ないので買い換えない買い換えられない業者が多いと思います。更新期限が過ぎたものでも機能は十分に発揮できるので壊れるまで使うのではないでしょうか。工事金額が安ければこのような機器を持ち出すようなことはできません。
光ケーブルでも同じことが言えます。一般家庭と企業とでは品質の差が非常に大きくあります。簡単に言うと一般家庭の場合は単にインターネットがつながればOKです。企業ではどのくらい品質がいいのかを調べますので品質が非常に高いのです。この差が金額にも現れます。
一般家庭にくる光をつなげる業者は非常に気になることをしてしまいます。光ファイバーとは非常に細く髪の毛よりも細いです。透明なのでよく見ても見えない人が多いのではないでしょうか。また非常にもろいのですぐに折れてしまいます。怖いのが折れたファイバーが皮膚に刺さってしまうことです。刺さるとかなり痛いです。これをとるのも大変です。そのぐらい神経を使わないといけないものです。
一般家庭にくる光をつなげる業者さんも時間がなく急ぎの人が多いので、作業自体が粗くなりやすいのです。光の専用道具には光ファイバーが付いているかもしれないのに、それをふっふっ、っと息を吹きかけてホコリやゴミをそこに吹き飛ばしてしまう人もいます。家の素足で歩く場所なのに、ファイバーが飛んでお客さんの体に刺さったらどうするんだろうと思ってしまいます

引っ越し 引っ越し屋さんも金額の違いで作業の差がはっきりでます。一番の違いはクッション材の養生です。しっかりした高い引越し屋さんは床、壁、階段いたるところに養生をします。安いところは全くしません。大きな物は少なからず注意しても壁などにぶつけたり擦ったりしてしまいます。

わざとではないのでしょうがないとも思えますが、自宅ならまだしも共用部や賃貸ですとそうも言っていられないことがあります。新居がそれなりのマンションだった場合、ロビーからエレベーター、廊下において床に筋のようなあとができてしまうことがあります。本来、じかに台車を使うことを禁止するなどがあり後になってクレームが出てきてしまうのです。荷物の取扱も金額に比例して安いのは荒くなります。しょうがないのですけど。
自分の荷物の量を自分でどのくらいの量があるのか見積もって発注する業者があります。実際に荷造りする前に頭で考えて行うことになります。この場合、総量が少なくなってしまうことが多く、実際にやってみてオーバーしてしまうことがあります。
そうすると車種の選定を間違えてしまい、一回では無理になってしまします。そうなると2回往復するのかもう一台頼むのかになりますが、追加料金が高いことが多いのです。自分で計る時には多めにしておいた方がいいです

 

 

これらは私が実際に経験したことです。しかしこのようなことをみなさんがわかるかというと、言われてみればということになると思います。これは施工から管理者まで行ったことがある人の目線で工事を見ているので、施工途中や施工後の見方が違うからだと思います。管理者が来ないと全てダメだとは言いませんが分かる人が見ると、危ないな、仕上げや途中の工程においてもうちょっと何とかならないかな、などど往々にして感じてしまいます。

 

 

リフォームで失敗したという話はよく聞く話です。注文住宅やフォームのような大きな金額になればなるほど打ち合わせが大事であり、お互いに色々なことを教え合わないと後になってもめる原因となります。契約にない、見積もりに入っていない、言われていないからやっていないとなります。

 

これは当たり前で一般の方は工事のことはわかりません。そのため業者側が言ってあげないとわからない部分があるはずです。それでお金が高くなるのは当たり前で、それを値切るのはお客さんがダメです。親切心で言ってくれたことをサービスとしてしまうと、必ずしわ寄せが質に現れてきてしまいます。

 

昔からそうですが、元請けなど上にいくほど利益は上がり損はなくなります。どんなに受注金額が合わなくても、ほぼ赤字にはなりません。自分たちの取り分を先に取ってから下請けに流します。そもそも最初から無理な場合もあります。大きな一次下請けや元請けでも金額が合わなく無理だと言ったとしても、脇から頭が良い人達や政治が絡んできてしょうがなくやらされることもあります。何時の世も同じで今後も変わらないと思います。下請けは嫌とは言えません。値切れば手間を省かないと無理なので、比例して質も下がるのは当然です。

 

 

大小にかかわらず工事や会社の発注形態は同じです。ネットやテレビなどで集客して展開している業者も、客先に行ってもらうのはその地域に近い業者に頼んでいますので、この形態はみなさんが直接に業者を探して発注かける場合でも同じことになります。

 

施主(発注者、みなさん)→元請け→一次下請け→二次下請け→三次下請け→四次下請け→五次下請け→六次下請け・・・になります。実際に工事に来る人数は工事の大きなによって変わりますが、小さな工事ですとほぼ一人です。

 

ゼネコンやセネコンと付き合うような会社、それなりの規模の会社だと管理者(担当者、監督など)はほぼつきます。作業をする方達だけにすことはありえません。信用していないわけではありません。上記でもお伝えした以外に安全(安全管理)も必要だからです。作業面での安全はかなり前から厳しくなっています。例えば建築現場では脚立はほとんど使用禁止です。足場が使えないことろでは使えますが、それでもひと目が行き届かないところでは二人作業ではないとダメとなることも多くなってきています。脚立なんかはほんの一例であげていくとまだまだたくさんあります。

 

一般の人から見るとわからないと思いますが、町中の工事現場を見るとゼネコン絡みとそうでないところの差が非常に目につきます。安全管理が全くできていません。みなさんの家で職人さんが大きな怪我、または死亡事故になったらどうしますか?決してお互いにいい思いはしないはずです。今の時代、安全管理は非常に厳しく重要視されるのでこの差も金額の差に出てきます。このようにしっかりしているところは見積金額の差が出て当然なのです。

 

 

あまりにも内容が伴わない金額のボッタクリ業者や悪徳業者と言われるようなところは、使わないといけない所で使っていなかったり、そうしないとダメなところや失敗してもそのままやり過ごしてしまうコストカットのようなこと多いのではないでしょうか。斜めになったり、壊れたり崩れたりしてしまうのは引き渡し後の実際に使った後になります。これを防止するには途中、途中で分かる人がしっかり検査、視察するしかありません。

 

他にも非常に安くやってくれるリフォームの場合に起きること。取っ掛かりは安くして後から一気に請求してくるバターン。安い金額でリフォームを発注したが、工事を進めると余計なことが積み重なって金額がどんどん上がっしまいます。そもそもリフォームは新築より金額が高くなることが多々あります。新築の場合、なにもない所に新しく作ればいいのでその金額がはっきり分かります。リフォームや移設などは既設の撤去と新築または改造という考えがあります。

 

リフォームは色々なものを壊してみなければならないとわからないことがあります。このようなことを見込んで金額が決まり想定外のことでも予算内で収めるようにします。しかし規模が大きくなればなるほど想定外のことが起き、開けてびっくりとなってしまった時には話し合い、妥協点をお互いに出し合います。ダメなら中止や復旧ということもあります。

 

通常はこれで解決していくものですが、悪徳業者はそれらを行わず全てやってしまって後から数倍の請求を掛けてしまいます。最初の契約書をわかりづらくしたり、最初からその金額になるような契約だったりします。

 

 

少し脱線しますが悪徳業者の話の絡みでうちに来た何それっていう変な業者、営業。
床下に潜って、湿気がすごくカビがかなり生えてます。早急に対処した方がいいので換気扇のような設備工事を行った方がいい。100万以上掛かります・・・何それ。
耐震補強のためにL型金具を取り付けませんか?土間と柱、壁内の柱で数百万掛かります・・・何そのちゃっちい金具。ホームセンターで買ったものでしょ?
天井裏に登って、数十分。デジカメを見せられ雨漏りしているのでシミができてます。金額はそれなりに掛かります・・・水吹きしたでしょ?
敷地内に勝手に入ってきて家から出たすぐの庭にある下水の側溝を開けて、管が詰まりそうなので洗浄しませんか?数十万掛かります・・・は?そもそも不法じゃ?
変な業者がたくさんいるので奥さんやおばあちゃん、おじいちゃんは気をつけて下さい。

 

 

金額が大きな工事や新築なら有名なところで頼んだ方がいいと思います。何かが起きても最終的な保証が違います。分かりやすいのが杭打ち工事の偽装問題でした。ニュースでもかなり大々的に報じられたこともあり、そんなに年数が経ってない巨大なマンション群の解体、建て直し、一時転居、迷惑料など住んでいる人達は当たり前かもしれませんがこちら側から見ると十分すぎるほどの保証でした。あれは有名なところが行ったことだからできたことで、他のところでは倒産するなりしてバックれることも考えられます。有名でなければあれほどの保証はできません。

 

あの時の下請けの現場監督や施工責任者、オペレーターさんの話は非常に良く分かりかわいそうだなと共感してしまうことが多かったです。

 

小さな工事や金額が掛からないと思われる工事でしたら個人の人の方がいい場合があります。小さな工事でも会社ならそれなりの金額を取らないとダメですが、個人だとそこまでの金額は必要ありません。保証のことを言い始めたら無理ですが、そこまで気にしない金額なら安いです。保証が気になり会社に頼んでも社員がスットコドッコイならダメダメです。何かあった時の保証ではなく責任感は、社員なら会社がとればいいと考える人も多いですが、個人なら自分で取らないといけませんので思いは強いです。

 

個人でもできれば施工から管理、監督まで行ったことがある人が良く、もっと言えば大きな企業と付き合っていたり大きな工事をしたことがあるような人が一番いいです。自分である程度のことをしてきた人は頼んだ工事以外の工事もできることが多いのです。もしできなくても相談やアドバイスをくれます。このようなしっかりした人はほぼ話し方もしっかりしています。横柄な態度ではありませんし、なにより相手に嫌な感じを受けさせない話し方をしてきます。やはり会社員ではなく個人として今までの経験でお客さんの大事さ、仕事があることのありがたみがわかっているので受け答えはちゃんとしています。

 

人柄が良い人がいいのか、保証がいいのかこのへんになると好みのような感じだと思うので、野菜を買うのにデパートがいいのか、スーパーがいいのか、八百屋さんがいいのかと同じような感じがします。

 

 

業者を探す時はネットや電話帳で探すと思います。めぼしいところがあったらまず電話である程度の内容などを話した方がいいと思います。できるなら事務方ではなく実際にくると思われる人と話した方がいいです。それなりの会社ではないと代表受付のような事務の方はいません。小さな会社や個人でしたら直接工事する人がでることもあります。

 

先に見積りを取ってしまったり、現場調査の日付の段取りをしてしまうと実際に工事に来た人が嫌な感じの人だった時にこちらが我慢しないといけません。工事途中で何か言っても返事もなく嫌な顔をされても困ります。こうなる前に先に電話で相手の感じが嫌なそうなら見積りを取る前にやめてしまえばいいのです。最後はどんな職種でも人柄が大事なのですから。

 

 

何回も言いますが全てにあてはまるわけではありません。異論反論あると思います。少数意見を言い始めると終わらなくなってしまうので済みませんが省いてしまっています。私の経験と独断と偏見での意見ですので、決して悪気があってのことではありません。お気に触ってしまった業者さん申し訳ありません。

 

 

トップページ