Cat5eモジュラープラグの取付け方

Cat5eモジュラープラグRJ45の取付け方/オスプラグ/オスコネクター

LANの基本となるモジュラープラグRJ45の取り付け方です。パンドウイット(Panduit)製のMP588でご説明しますが、他メーカーのものでも同じようにできます。電話で使うRJはケーブルの撚りがすくないだけで同じに付けます。

 

またUTP4Pケーブルでケーブル自体Aタイプ推奨している物がありますが、多少くせがありますがBでも取り付けれます。Aで作っても問題がないようであればいいのですが、統一性を重視するような場合に限り付けれますと言う事です。パンドは爪(レバー)折れ防止がいいので非常に使い易いです。

 

STP/FTPのプラグは、シールド(アルミ箔みたいなホイル、細い針金)を皮のむいた根元から折り曲げてあげればいいだけで。取り付け方は普通のと同じです。プラグもSTP用のプラグを使用し折り曲げたシールドがプラグの金属部分にカシメた時にしっかり噛んだことを確認しましょう。

 

 

先端から2.5センチ〜3センチ位の皮の所に切れ目を入れます。

皮を剥ぎます。
先ほど刃を入れた所に芯線が傷ついてないか確認します。

※普通はこのように芯線を一本一本伸ばしますが、このサイトでは伸ばしません。
やりづらい方は伸ばしても構いません。

ペアごとのよりをほぐします。(皮の剥いだ所までよりを戻します)
ここで色順を並べても構いません。
左手の薬指と小指でケーブル自体を保持します。

芯線を色順に並べます。
この時の指先の待ち方は、親指は下方向に人差し指は上方向に力を入れて挟みこむように保持します。

人差し指の爪を合わせるようにして、芯線の先端を摘みます。
ほどいた芯線を先端まで全て伸ばす必要はありません。

摘んだ所をしっかりもって上下にグニュグニュっと折り曲げます。
(感じとしては板のプラスティックを上下に折り曲げる感じです)

色順がバラけないように芯線を保持します。
ケーブルは薬指と小指でしっかり保持してます。

見ると中心がだんだん真っ直ぐになってくるのが分かると思います。

3、4回位上下にすれば大丈夫です。
冬場など芯線が硬い時には繰り返して下さい。

このぐらいで大丈夫です。
先端の芯線を摘んだ所は曲がっていてOKです。

横から見るとこのような少し湾曲している状態にしておきます。
点線のミドリラインの内側の芯線が伸びていればOKです。

皮のむいたところから1.5センチ位の所でカットします。
カットしたらケーブルと芯線は動かさないようにします。

RJ45の内側のギザギザへ沿わします。
芯線の一本一本が溝へ滑らせます。

先ほど付けた少しの湾曲はこの時に入れやすいようにするためです。
(写真は分かりやすいように、長めにカットして多めに湾曲させてます)

RJ45の先端に着くまで挿入します。
皮が入りきらない時は、皮のみ押し込む感じで皮だけを入れて下さい。

皮の位置をここまで挿入します。
色順も確認します。

横から見るとここまで入れます。
皮は多少融通がききますので入ります。

芯線がRJ45の先端まで来ているのを確認します。
慣れない内は真ん中の4番5番芯の青ペアが先端に来ていないとこが多いです。

カシメる時はケーブルをしっかりカシメの方向に力を入れっぱなしにしておいきます。
ラチェット式ですので最後カチッと音がするまで握ります。

完成です。

 

 

Panduit RJ45モジュラープラグ (100個入り) MP588-C
パンドのカテ5のモジュラープラグです

 

 

パンドウイット RJ45カシメ MPT5-8ASカテ5、カテ6、細径すべてのRJ共通に使えるカシメです

 

 

日本製線 ケーブル皮むき器 クルリッパー(SM)通称くるくる

 

 

日本製線 ケーブル皮むき器 クルリッパー(SL)通称くるくる

 

 

トップページ

 

LINEモバイル