大型電気店のCat6、Cat7ケーブル

大型電気店や量販店で売っているLANケーブルのCat6やCat7って

たしかに値段、クラス、レベルが高いものに越したことはありませんが。LANケーブルは大型電気店や量販店などは品数も豊富ですし、外見がカッコイイのがいっぱい売ってます。

 

しかし性能を求めてクラスが上へ上へで買うのは少し考えましょう。中にはフルークで試験掛けてみるとパスが出ないものがあります。たしかに何を基準にテストするかはその製作会社次第の所はありますが、Cat7やそれ以上のLANケーブルはまだ規格自体が決まってないのに売りだして、何を基準にしているのか・・・。

 

 

数年前にパンドの講習を受けた際にCat7を成端しましたが、非常にパスだ出づらく時間も掛かりしました。腕の差はあるにせよ、受講生は経験者ばかりで半数はファールが出るくらいでした。たしかに数年前に比べると材料は良くなって、パスは出やすくなっていると思いますが、簡単ではないはず。

 

スピードが早いからとかクラスが上だとかパッケージのうたい文句で買うのはどうなのかなと思います。お金がいっぱいある人はいいですが、凄い高い商品もありますので・・・。私もカッコイイ外見で買って、フルークでファールが出たくちですのでその時に初めて知りました。フルークでダメなら全てダメと言うわけではありませんが、施工の基準として私達では使えません。もちろん普通に使う分には十分で、これ以上のクラスを求めた時の意見です。

 

ましてせっかくクラスが上の物を買ってもJJで繋いじゃうとか、応急処置なら分かりますが新規配線ならやめた方がいいかと思います。これらの商品は自己満で買う分にはいいですけど、客先に出すならCat5e以下のLANケーブルまでにしておきましょう。それ以上のケーブルはちょっと怖いような気がします。しつこいようですが、あくまでもフルークを基準に考えてです。

 


早くなるのは勘違い。Cat5eで十分で無線LANとか、うそ〜ん

自宅でPC同士繋げたり、HUBに繋げるケーブルをいくらクラスの高いケーブルを使っても早くなるのは気持ちだけだけです。体感出来るほど速くなりません。もちろんそれなりのデカイデータで時間を細かく測れば別ですが、びっくりするほど変わりません。インターネットに関しても早くなるわけではありませんし、光ケーブルでやっているのならそれが限度です。光端末のルーターなどにCat6やCat6Aのケーブルを付けてもはやくなりません。早く感じるのは気のせいですのでCat5eで十分です。ましてADSLならなおさらです。電話線ですよ・・・

 

ネットでは今後、無線が光より早くなるとうたってますが、それは机上の計算値のことです。もちろん体感することは難しく、今でさえ無線300Mとかパッケージに書いてある商品もあり、有線より早いなんちゃらみたいな事も書いてあるものもあります。そのパッケージを見るだけでうそ〜んと思ってしまいます。

 

従来無線とはケーブルが配線出来ないところや、機器を持ち持ち歩いて使用する事を前提に導入されてましたが、今ではなんでもかんでも無線。設定出来ない、動画遅い、繋がらない、狙っているのか・・・と思ってしまいます。

 

現状、有線の方が断然早いです。間違いありませんし、実際にやってみれば分かります。まして一般家庭では無線APの障害が多いです。相談されることしばしばあり、決まって最後に言うことは有線にしなさいと言ってます。直接突っ込んじゃいなさいと言う事。

 

 

トップページ