RJ45の圧着工具の選び方

RJ45の圧着工具の選び方/プラグのカシメ/RJカシメの種類

RJ45のカシメの選び方です。モジュラープラグを圧着するLANの専用工具の選び方。一昔は2種類ぐらいしか市販されていなかったRJの圧着工具ですが、現在では半端じゃない数のカシメが売ってます。圧着工具を買いたいがどれにしていいのか分からないので、とりあえず値段が安いものを選んでしまう人が多いです。

 

カシメはRJ45との互換性があり全部共通で使えるわけではないのです。カシメはしっかりした物を買っておけば使い込んでも15年以上もちます。ちなみにTOP画像の一番手前にある黒い拳銃みたいな物も15年以上前のパンドウイットのカシメでいまだに現役で使えます。

 

あくまでもプロ仕様を前提にしていますので、安いカシメはその性能と私達の長年の経験と踏まえると除外一択なので無視します。除外な理由として二次障害(災害)が怖く、例をあげてみましたので確認して見て下さい。日本の有名企業もRJと圧着工具を少し出してますが(あまり知られてません)価格がえらい高いのでこちらも除外です。やはりRJのカシメはある程度丈夫さが必要で、多少乱暴に扱っても長年持ち堪えらるのがいいです。

 

 

 

圧着工具選びは、RJ45と互換性と見ることから始まる

モジュラープラグには複数の種類の違いがあり、その違いが分かっていないと圧着工具が上手く選べません。RJ45の種類の違いを確認して頂ければより適切に選ぶことが出来ます。カシメを選ぶ時は、先にカシメを選んでからRJを選ぶのか?RJを選んでからカシメを選ぶのか?決めてから選びましょう。極力RJとメーカーは合わせた方がいいです。

 

プロ仕様としてRJでもカシメでもよく使われているのが、アンプとパンドウイットです。どちらも利点がありますが価格もそれほど変わりはなく、メーカーで選ぶならどちらかにした方が今後のためにもいいでしょう。一昔はみんなアンプを使っていましたが、現在ではパンドウイットの方が断然多いような気がします。周りはほとんどパンドウイットで、その使い勝手のよさで頭一つ抜けに出ています。

 

しかしCat6RJ45だとアンプの方がRJ自体短く小さく制作出来るので、この辺になるとほんとに好みの世界になります。パンドウイットのCat6RJ45だと制作しやすいのですがRJ自体が長いので邪魔と言う方もいます。続く→パンドとアンプのカシメの違い

 

 

 

前ページ  □    次ページ

【2ページ中の1ページ目を表示中】

 

 

 

安いRJ45の圧着工具の注意点。PCが壊れる危険性

 

 

RJ45の選び方。意外と分からないプラグの違い

 

 

安いプラグのイマイチな点とSTPケーブル用のRJ45

 

 

モジュラープラグの選び方。芯線で変わるRJと適合外径

 

 

モジュラープラグの圧着する場所の違い。2点留と3点留

 

 

トップページ

 


RJ45の圧着工具の選び方/プラグのカシメ/LANの専用工具記事一覧

安いカシメはここがダメ。プラグの圧着は精密性が大事

LANのRJを圧着する専用工具は色々なタイプが発売されてます。RJにしても圧着工具にしても安売りされている物がとても多いですが、その性能や精密性に欠け「う〜んいまいち」なものが多いのが現状です。やはりコストダウンを前提に作られているので、そこまでの性能を求めてはいけないのでしょう。一般の方はRJ45...

≫続きを読む